古代シンボル
Ancient Symbols
錬金術シンボル
ケルトのシンボル
ケルトノット
中国のシンボル
キリスト教のシンボル
エジプトのシンボル
運命のシンボル
ギリシャのシンボル
日本のシンボル
マヤのシンボル
アメリカインディアン
異教徒のシンボル
平和のシンボル
宗教のシンボル
ローマのシンボル
神聖幾何学
強さのシンボル
シンボルの絵
タトゥーのシンボル 仏教のシンボル アイルランドのシンボル ヒンズー教のシンボル シンボルの歴史 友情のシンボル ロスト・シンボル パワーのシンボル 夢のシンボル 星のシンボル 母性のシンボル

関連するリソース

Ancient Symbols (English)

Sםmbolos Antiguos (Spanish)

Antike Symbole (Deutsch)

Древние символы (Russian)

Symboles Anciens (French)

古代符号 (Chinese)

ロスト・シンボルの本


"ロ スト・シンボル" は世界的に有名な作家ダン·ブラウンの多くの作品の一つです。彼の小説、ダ・ヴィンチ・コードのように、読者 はこの著者の傑作作品から多くのスリルを経験するでしょう。 "ロスト・シンボル"は謎のコード、目に見えない真理、読者が知りたいと思われる秘密で満たされています。ここではこの小説全体の要旨を説明します。

The lost symbol

タイトル“ロスト・シンボル” は失われたシンボルではなく、実際には失われた言葉を意味しています。ストーリーはワシントンD.Cで起こった12時間の内容で、主にフリーメイソンのこ とが中心に書かれています。主人公のロバート・ラングドンは米国議会議事堂でのスピーチを行う予定で、旧友であるピーター・ソロモンにパッケージを手渡す 手はずでした。しかし、スピーチを行う予定がロバート・ラングドンが見たものは、ある部屋の中央にあるピーター・ソロモンの切断された右手首でした。彼は それが謎の手首であると確信しました。


ピーター・ソロモンは誘拐されていて、その命と引き換えにロバート・ラングドンにフリーメイソンのピラミッドと謎の言葉を解き明かすことに協力するよう求 めるのが目的でした。ラングドンがそれぞれの指に残されていたタトゥーの意味を解析するにしたがって、ピーター・ソロモンのフリーメイソンの祭壇がある国 会議事堂の半地下に導かれていきました。そこで彼は小さなピラミッドのようなものとシンボル的なアイテムを発見しました。これらはラングドンがさらに任務 を完了するための手がかりになっていました。
 

別名マラークと呼ばる誘拐犯の男、ザッカリー・ソロモンはピーターの息子で、古代の力の源を手に入れようと目論んでいました。彼はラングドンに友人ピー ターを救うために古代秘密の鍵を開けることを要求しました。その時ラングドンはマラークによってタンクの内側に閉じ込められていましたが、CIAによって 助け出されました。


ザッカリー・ソロモンは悪の力を導くのが彼の運命だと信じていました。彼は自分を犠牲にするようにと父に頼みました。ザッカリーは何としてでも父親から言 葉や失われたシンボルを引き出そうとし、自身の頭にタトゥーを入れていました。警察官がガラスのパネルから突入すると、ザッカリーはその砕け散ったガラス に当たり死んでしまいました。

ピーターはラングドンをその言葉の道へと誘導しました。目隠しをしたまま障害を乗り越えて会議場所までたどり着きました。ラングドンが目隠しを外すと、突 然そこに現れたのは終わりのないほどに思える階段でした。目を凝らしてみると、階段の下には議事堂があることがわかりました。彼は記念碑の上にある部屋に いたことに気付いたのです。
The lost symbol?

ピーターは、建物の隅に隠されているワシントン記念碑にあるピラミッドの石にシンボルや言葉があることをラングドンに伝えました。ラングドンは使われてい るシンボルがラウス・デオという綴りであることを認識し、それは文字通り”神の賛美”という意味でした。ソロモ ンはラングドンに 地下で見つかったシンボルは実際には聖書のコピーであること話しました。人は常に神の一部ですが、その言葉には多くの解釈があり、多くがその真実を追い求 めているが一方、悟りを開いた人のみがそれが何であるかを知っています。

”ロスト・シンボル”はダン・ブラウンが書いた他の小説同様のメッセージが反映されています。いつも通りの引き 込まれるペースで 進む展開で随所に意外さが盛り込まれています。東西を象徴する双頭のワシのシンボルや、スコットランドのフリーメイソン儀式を表す朱印のカバーが掛けられ ているなど、様々なシンボルが使われています。さらに仮想惑星として知られる太陽系外縁天体がこの本に出てきます。この中でギリシャの神であるゼウスやハ デス、ヴルカヌスの名前が登場します。この本の中には色々なシンボルが使われていますが、”ロスト・シンボル” の本当のメッセー ジが何であるのか疑問を禁じえません。

transneptunians

結局のところ、悪に善が勝利するという話です。神を強く信じている人々の信仰心を弱めることではありません。牧師エド・ベーコンがこの本のレビューの中 で、”我々の信仰には耐久力がなくてはならい、さもなければ嵐が来ると救われなくなる”と語っています。そのた め、 ”ロスト・シンボル”は神への新たな信仰のインスピレーションとしてとらえるべきです。
 



より多くのシンボル:

アフリカのシンボル
占星学のシンボル
癒しのシンボル
ユダヤ教のシンボル
愛のシンボル
フリーメーソンのシンボル
ノルウェーのシンボル
神聖のシンボル
シュメールのシンボル
タロットのシンボル
色のシンボル
ハートのシンボル
数学のシンボル
イスラム教のシンボル
ペルシャのシンボル
お守りのシンボル
金属のシンボル
象徴主義の4つの要素






Copyright © 2014 Ancient-Symbols.com  All rights reserved. Reproduction in whole or in part in
any form or medium without express written permission of Ancient-Symbols.com  is prohibited.