ユダヤ教のシンボルとその意味

実際に目で見たり触ったりできる高尚な価値あるもの や、言葉だけでは正確に表現すること ができない考え方など、ユダヤ人の生活はシンボルと宗教的オブジェクトで溢れています。これらのシンボルが神聖さにおいて全て等しわけではありません。な ぜなら、メズーザーの内容はユダヤ教の律法からなるもので、律法の巻物と同一の方法で準備され、昔からの儀式を再現するだけではなく、ユダヤ人の長い歴史 の側面をもたらす手助けをしているからです。

ユダヤ教のシンボルとその意味

以下に最も知られているユダヤのシンボルとその意味を 紹介します。

menorah本枝の燭台 - 本枝の燭台は、金で作られた7分岐燭台として聖書に記述され、モーゼによって自然の中に作られた移動聖壇で使用され、後にエルサレムの神殿でも使用されま した。最も純粋な品質の新鮮なオリーブオイルを使って毎日ランプを点灯していました。本枝の燭台は、古くからユダヤ教の象徴とされ、イスラエルの近代国家 の紋章エンブレムでもあります。ローマのユダヤ人の歴史家フラウィウス・ヨセフスによると、日中は7本のランプのうち、3本を点灯することが許されてい て、またタルムードによると、その3本の中でも中央のランプのみが一日中燃やすことができました。他のランプにも同量のオイルが注がれていましたが、他の ランプは消されているにも関わらず、また、中央のランプが最初に灯されたにも関わらず、その中にはオイルが溜まっていました。




yarmulkeヤームルカ、ヘックキャップとして知ら れるキッパーまたはキパは、半球または皿型をした布 製のもので、正統派ユダヤ教の男性が習慣規則に則って常時頭部に着用しています。また、時には男性だけでなく、祈りの時 間に保守派と改革コミュニティーの女性の間でもその頻度は少ないが着用されています。

star of davidダビデの星 - 六角形をしたその形は2つの正三角形を合わせたものです。六芒星は17世紀からユダヤ教のシンボルとして使われていますが、それに先がけ14世紀から16 世紀にかけての中央ヨーロッパでは、ソロモンの封印(六芒星)と合わせたダビデの盾がユダヤの旗として使われている場所がありました。六芒星は装飾モチー フとして古代からユダヤ人に関わるものに時折使われていました。例えば、イスラエルでは3世紀から4世紀にかけてのガリラヤのユダヤ教会のアーチから六芒 星を表す石が見つかっています。
chai jewish symbolチャイ - このシンボルはネックレスやその他の宝石や装飾品に一般的に見られ、2つのヘブライ文字である、チェイトとヨッドを組み合わせたヘブライ語の言葉、チャイ (生きること)を表しています。
hamesh handハメッシュの手 - ハメッシュの手またはハムサの手はイスラエルのジュエリーで人気のあるモチーフです。世界中の多くの文化で、この手の模様は邪眼から守る象徴とされていま す。また邪眼は歴史的にユダヤ人の間ではよく知られている迷信です。

数 字のシンボル

数 字の3は神聖なる意味を持ったシンボルです。神殿の全体のうち、至聖所が3分の1を占め、聖所が残りの3分の2を占めています。タペストリーの長さは3エ ルの10倍であり、燔祭の祭壇、香の祭壇、箱舟のそれぞれに3つの容器があります。燭台には3本のアームが2つあり(ランプを持っているシャフトを除い て)、それぞれのアームには3つのノブが付いています。司祭の祝福は3つのセクションで構成され、神を呼ぶ言葉である”神聖 ”は3度繰り返します。

数 字の4のシンボルは、宇宙が天と地球を含む3と1の合計である基数という熟考に基づいています。数字の4は神の御座である天国を暗示しています。

至 聖所は立方体の形をしていて、聖所はその立方体2つ分の長さをしていました。エルサレム神殿にある全ての容器は(燭台を除き)長方形をしています。エゼキ エル書 i. 26-28によると、数字の4は神の啓示を象徴してるとされ、一方フィロの観点からは完全な調和を表すシンボルと言われています。

数 字の5は半完成に分類されます。至聖所のカーテンの長さは4エルの5倍、法廷の祭壇は表面積の5平方エルを覆い、礼拝堂の入り口には5本の柱が立っていま した。

数 字の6は不完全を表しています。

数 字の7は神に関する一般的なシンボルで、ユダヤ教では神聖なる契約や、その他聖なる目的での象徴として頻繁に使われていた宗教的な数字です。燭台には7本 のランプがあり、7回水を振りまくことによって償いと浄化を行いました。安息日、サバティカルの年、そして記念の年は、浄化と喪の期間であった数字の7に 基づいていています。または数字の7は完成を意味する神の数字です。

数 字の8は新しい始まりを表しています。ゾハルのカバラによると、8日目は神が創造後、仕事に戻った初日なので - 1 週間の始まり - 非常に重要な数字とされれいます。

数字の10は絶対的完全性を象徴しています。礼拝堂の法廷は10エルの10倍の長 さで、10エルの5倍の広さを持っていました。また至聖所には十戒が保存されていました。

数字の12は3と4の積であり、人々と神の集合を意味していました。食卓の上には 12個の供えのパンがあり、司祭の胸当てには神所の周りに野営するイスラエルの12の部族を表す12個の貴重な石が埋め込まれていました。

数字の13は信仰の原理と神の慈悲を表しています。

ヘブライ語で”人生”(チャイ)という言葉は18という 数値を含んでいるため、18は重要な数字と考えられています。

数字の26は神の名前を表しています。

 



参照:
ユ ダヤのジュエリー - アーティスト デイビット・ワァイツマン