歴史に影響したシンボル

人間は 言葉や文字を知る前は、図画や絵を使って物語や説話を他の人々に伝えてきました。ある特定のも のを示すためにある特定の図画や絵を使いました。このようにしてシンボルは生まれたのです。何年もの長い間、世界中の人々は多くのシンボルを異なる意味で 使ってきました。 イデオロギーを示したり、抽象的な概念を表現したり、さらには同じ目的をもった特定のグループやコミュニティを象徴するための簡単な方法としてシンボルが 使われています。 以下に挙げるものは、歴史を通して最も頻繁に使われ、世界に影響を及ぼしているシンボルです。
歴史に影響を与えたシンボル


クリスチャン・フィッシュ

 
The Christian Fish

キリスト教徒は、 キリスト後の最初の3世紀の間に、この記号を使い始めました。これは多くのキリスト教徒が迫害されていた時期でした。一人の信者が他のもう一人に出会った とき、彼は魚の半分に似た曲線を描いたそうです。もう一方の人が同様にキリストの信奉者であった場合、彼は反対側の下半分の曲線を描いて魚のシンプルな図 を完成させました。

このシンボルは"人間を取る漁師"と言われていたイエス・キリストを意味しています。またこのシンボルは Iesous Christos Theou Yios Soter(イエス・キリスト、神の御子、救世主)の頭文字をった”Ichthys(イクトゥス)”という言葉 に由来していると 信じている歴史家もいます。このシンボルは現在でもなお世界中のキリスト教徒によって使われています。






エジプトの象形文字

 
私たちが今知って いる英語のアルファベットは、エジプト人による象形文字やシンボルに大きな影響を受けています。古代エジプト人は言葉や発音を表すためにシンボルを使用し たことから、世界の全てのアルファベットは象形文字が由来していると考える歴史家もいます。

 
Egyptian Hieroglyphics




マヤ暦

 
The Mayan Calendar
カレンダ―なくし て生活や仕事をするのは想像するに難しいことでしょう。世界が異なるグリフとシンボルをを混ぜ合わせて取り入れたことは喜ばしいことです。マヤ暦の システムは、紀元前6世紀のはるか昔に遡り、日にちと季節を区別するた めに使用されていただけではなく、過去に何が起こったかを理解し、さらには将来何が起こるかを知るために使用されました。
 
 


 

紋章

 
これらのシンボル は、軍、グループあるいは家族の血統を示すためにヨーロッパで使用されていました。日本でも"家紋" と呼ばれる紋章があります。これらのシンボルはそれぞれの国旗にも発展し、人々の結束を示すだけでなくナショナリズムや愛国心を表しています。 Coats of Arms



 
The Swastika
卍は単に直角に曲 がった十字で表しています。アドルフ·ヒトラーが生まれるよりも前に卍はすでに新石器時代のインド·ヨー ロッパ文化で使用さ れていました。卍は幸運や運を象徴し、今でもヒンドゥー教や仏教の神聖なシンボルの一つと考えられています。

もちろん、私たちの多くはこのシンボルを恐ろしいものとして考えています。 それは、何百万人というユダヤ人の大量虐殺を指示し、その戦争で世界中で多く の人が亡くなった時のヒトラーが彼自身の記章として卍を使っていたからです。





平和シンボル

 
このシンボルは約 50年前に英国で生まれ、ロンドンのトラファルガー広場での反原発抗議で使用されました。このシンボルは、"Nuclear(核) Disarmament(武装解除)"の頭文字をとって、手旗信号で"N" と "D" の文字を表し、その側の円は世界または地球を表しています。その後、このシンボルは60年代、70年代に起きたアメリカ人による反戦運動で使用されたこと から有名になりました。それ以来、反体制文化グループや世界中の多くの抗議者によって使用されるシンボルの一つとなっています。
The Peace Sign